バトミントン女子と言えば奥原希望なんですが、なんでも父親の奥原圭永が教師だったんだとか!一体どこで教師をやっているんでしょうか。勤務先の高校がどこなのか気になります。

また、奥原希望が高校でバトミントンしていた時の顧問が父親である奥原圭永で、とても厳しかったみたいです。性格は厳格なんでしょうかね。

今回は、そんな奥原希望について記載していきます。

Sponsored Link

奥原希望の父親・奥原圭永は教師!

奥原希望の父親の奥原圭永は教師なんです。

実は、尊敬するアスリートは浅田真央で、若干の6歳でありながら、バドミントン競技に参じた経歴を持つ、バドミントン選手の、奥原希望さん。

先ずは、新星ホープその名に相応しい、希望と書いて、のぞみ、と呼ばせる名前が珍しくも、奥原希望選手に似合っていて可愛いですよね。

その、奥原希望は、父親の奥原圭永と、お兄さんとお姉さんの影響を受けて、バドミントンの道に入ったのですが、どうやら奥原希望の父親の奥原圭永は教師との情報をキャッチ。

では、奥原希望の父親の奥原圭永の話題の前に、プロフィールを紹介しますよ。

奥原希望(おくはらのぞみ)の年齢は、1995年3月13日生まれの22歳になります。長野県出身の、バドミントン選手なんです。去年の2017年では、世界選手権女子シングルスで優勝を決め、日本人初での快挙となりました。

で、父親は、教師との事ですが…ここで凄い事に、奥原希望の父親だけではなく、母親も小学校の教師だとの話なんですよね。

奥原希望の父親・奥原圭永の勤務先の高校どこ?

奥原希望の父親の奥原圭永の勤務先の高校はどこなんでしょうか。

さて、奥原希望の父親のみならず、母親も学校の先生という事が判明した上で。父親の奥原圭永に少しの間、焦点を当て、奥原希望の父親である奥原圭永の勤務先の高校などを調べてみようと思います。

奥原希望の父親の奥原圭永が教鞭を振るう学舎、高校は、地元は長野県の松本筑摩高校。こちらの勤務先の高校で、物理を担当しているそうなんです。

因みに以前の勤務先は、大町北高校で、バドミントン部の顧問もしていたとかで、奥原希望の父親の奥原圭永は、その時は結構なスパルタで有名だったんですよね。

教師といえば、転勤族とも言える一つの職業。もしかしたら、奥原希望の父親でもある奥原圭永の教育振りは、他校でも知れ渡る鬼コーチだったのかもしれません。

Sponsored Link

奥原希望の父親・奥原圭永の性格は厳格!

奥原希望の父親の奥原圭永の性格は厳格なのでしょうか。

性格に厳格さの滲み出ている人っていますよね。

まさに、その性格が厳格だと言われているのが、奥原希望の父親の奥原圭永らしいのですが。

順番に取り上げていきますと…。

奥原希望の父親の奥原圭永の性格が厳格だと言われる理由は、先ず第一に、ハードなノルマ。一日に2000球もの練習を、6時間くらい毎日課していたそうなんです。

バドミントン通ではないので、想像しづらいけれど、過酷なのは分かりますよね。ただ、そのお陰で、中学生だった奥原希望は、高校生相手にも楽勝だったとの事でした。

その厳格な性格の父親の奥原圭永は、今でも現役で、バドミントン競技で審判をしてるとの話です。

今回は、バドミントン女王でもある、奥原希望の父親の奥原圭永について記載しました。

奥原希望の父親・奥原圭永は教師で勤務先の高校の場所は、長野県にあるんですね!性格はめちゃくちゃ厳格なので、きっと奥原希望の最初のバトミントンスタイルを築いたのが父親なんでしょうね!まさに二人三脚ですね!これからもバトミントン界を盛り上げてほしいですね!

Sponsored Link