女子フィギアスケートの白井優奈も期待されています。まだ16歳ということで、学校はどこに通っているんでしょうか。

高校は両洋高校で出身中学校や偏差値がどのくらいなのかも気になるところ!また、身長や体重もどのくらいなんでしょうか。成長期だと思うので、どんどん大きくなっていると思うんですが。

今回は、そんな白井優奈について記載していきます。

Sponsored Link

白岩優奈の出身中学校はどこ?

白岩優奈の出身中学校はどこなんでしょうか。

白岩優奈は2001年11月生まれの16歳、高校1年生で、出身は京都府京都市です。

白岩優奈は日本スケート連盟の強化選手Aに選ばれている女子フィギュアスケーターで、2006年トリノオリンピックで荒川静香を見て興味を持ち、2006年秋からフィギュアスケートを始めたんだとか!

白岩優奈は2017年からシニアクラスに参戦しグランプリシリーズに初参戦!

グランプリシリーズ初戦となったNHK杯ではミスが出て8位となり、続くフランス杯ではショートプログラムで3位と好発進しました。白岩優奈はフリースケーティングで転倒するも自己ベストをマークし総合6位となりました。

初のシニア参戦で日々成長している白岩優奈の出身中学校は京都市立大枝中学校です。

白岩優奈の高校は両洋で偏差値は?

白岩優奈の高校は両洋で偏差値はどのくらいなんでしょうか。

白岩優奈は地元の京都市立大枝中学校を卒業した後は、京都両洋高等学校に進学しています。

白岩優奈の通う京都両洋高等学校は京都府京都市中京区にある私立高等学校で、S.S.特進・国際コースと総合進学コースに分かれており、S.S.特進・国際コースはS.S.特進文系、S.S.国際英語系、S.S.国際中国語系に分かれています。

総合進学コースは準特系、スポーツ進学系、総合進学系に分かれています。

白岩優奈の通う京都両洋高等学校のS.S.特進・国際コースの偏差値は50、総合進学コースの準特系の偏差値は44、スポーツ進学系の偏差値は38でした。

白岩優奈はスポーツ進学系に在籍していると思われますので、白岩優奈の高校の偏差値は38です。

Sponsored Link

白岩優奈の身長や体重は?

白岩優奈の身長や体重はどのくらいなんでしょうか。

白岩優奈の身長や体重を調べてみたところ。白岩優奈の身長は150cmと公表されていてすぐにわかったのですが、白岩優奈の体重が増えてきているという情報も!

女子フィギュアスケートは華麗さも採点に影響する競技なので、視聴者の目は敏感なのかもしれませんね!

白岩優奈はもともと太りやすい体質なこと、スネの骨折や腰を痛めたことによるトレーニング不足、中学生から高校生というとても体型の変化が起きやすい年代と様々な要素が重なったことも大きいと思います。

2016年リレハンメル五輪の時の白岩優奈は143センチ、32キロでしたので、今は150cmで太って見えるということは43~45kgくらいと推測します。

白岩優奈の身長は150cm、体重は45kg前後くらいだと思います。

今回は、女子フィギアスケートの白井優奈について記載しました。

白井優奈の出身中学校は大枝中学校で、出身高校は両洋高校だったんですね!フィギアスケート中心の経歴も凄いですね!身長や体重については成長期ということで、いろいろな見方はありますが、これから白井優奈はどんどん成長していくということですね!

Sponsored Link

白井優奈についてこんな記事も書いています。

白岩優奈の両親の仕事や職業は何?実家はお金持ちで場所どこ?画像