巨人がクライマックスシリーズに行くために欠かせない男である抑えの澤村拓一(さわむら ひとかず)ですが、イップスやいろいろな避難を受けていたのにも関わらず、なんとここにきて球団トレーナーの施術ミスの可能性が高くなってきたという報道が!

澤村拓一を軽んじているんでしょうか・・・、施術ミスの可能性が高くなってきて、謝罪したって・・・。施術ミスを認めるのがまず巨人が行うべき行動ではないかと個人的には思います。その施術ミスをしてしまった球団トレーナーって誰なんでしょうか。球団は謝らなくても、トレーナーは澤村拓一にしっかり謝罪してほしいですね!!

また、澤村拓一の現状の神経麻痺レベルが気になりますね!復帰はいつくらいになるんでしょうか・・・。

今回はそんな澤村拓一について記載していきます。

Sponsored Link

巨人・澤村拓一のトレーナーは誰なのか?

巨人・澤村拓一のトレーナーは誰なのか。

巨人がクライマックスシリーズや優勝するために欠かせない選手である澤村拓一が、イップスだとか態度が悪いとかいろいろとネガディブな噂がありますが、今回驚いたのがまさかの施術ミス!これは、解せない話です。

しかも、第一報では施術ミスの可能性が高いから、球団側が謝罪したって・・・。選手を軽んじてる傾向が巨人には目立ちますね・・・。はっきり言って、施術ミスだったから謝罪したんでしょう!

そうであれば、はっきり施術ミスだと認めるべきだと思います。

では、その施術ミスをした澤村拓一のトレーナーは誰なのか?一般人なので公表はされないと思いますし、球団トレーナーって結構な人数がいるので、特定は出来ないと思いますが、一覧を記載したします。

・医療コンディショニング室長:神谷成仁

・1軍チーフトレーナー:長橋光行

・1軍トレーナー:萩原彰紀

・1軍トレーナー:長濱静徹

・1軍トレーナー:吉田和正

・1軍トレーナー:根津朋将

・2軍チーフトレーナー:種田貴績

・2軍トレーナー:半田剛

・2軍トレーナー水留直輝

・3軍チーフトレーナー:川島希余茂

・3軍トレーナー:諸星潤

・残留故障班PT:石原祐司

・残留故障班PT:荒川玲

・残留故障班トレーナー:大塚五百紀

・残留故障班トレーナー:鬼頭健介

・アスレティックトレーナー:岩垣光洋

※引用 日本プロ野球トレーナー協会

今回の澤村拓一のトレーナーが誰なのかはきっと公表されませんが、個人的な見解では、2軍トレーナーや残留故障班トレーナー辺りではないかと思います。1軍トレーナーが施術ミスしてたら話にならないので(笑)

なので、澤村拓一のトレーナーは誰なのか公表されないと思いますが、しっかり澤村拓一に個人的に謝罪はしてほしいですね!

Sponsored Link

澤村拓一の現在の神経麻痺レベルは?

とは言え、施術ミスとは言え、巨人の優勝には欠かせない選手の澤村拓一の現在の神経麻痺レベルが気になります。

澤村拓一は2月から右肩の痛みを感じており、現状でも右肩の痛みは取れていないそうです。めちゃくちゃ長期間ですね・・・。

3月4日のオープン戦で危険球退場になったときも、イップスという報道がありましたが、実はその時点で、ボールを投げていないときにも右肩に痛みはあったんだとか・・・。相当辛い状態だったんですね・・・。

現在の右肩の神経麻痺レベルは、改善されているみたいですが、今季に間に合ったら奇跡なのかもしれませんね・・・。

Sponsored Link

澤村拓一の復帰はいつくらいになるのか?

澤村拓一の復帰はいつくらいになるのか・・・。

私も野球経験を大学までしていたので、ある程度の知識はあるのですが、今回ばかりはいつくらいに澤村拓一が復帰するのかはわかりませんね・・・。

第一報では、澤村拓一の右肩の神経麻痺レベルは改善されてきているとはいえ、ピッチャーにとって右肩が生命線・・・、しかも神経だとかになると手術出来るのかどうかもわかりませんし、出来たとしても相当難しいレベルだと思います。なので、今季の復帰はなかなか難しいのではないかと思います。

いくら澤村拓一がストイックな選手とはいえ、こればっかりは難しいでしょう!

なにはともあれ、澤村拓一の復帰が早くなるように球団側はサポートするのは当然ですし、復帰云々も大事ですが、澤村拓一の選手生命が掛かっていることもしっかり念頭にいれるべきだと思います。

今回は、巨人の澤村拓一について記載しました。

澤村拓一が施術ミスだったという悲報という言葉では足りないことが起こっていますが、球団トレーナーが誰にしろ、しっかり謝罪してほしいです!

現在の澤村拓一の神経麻痺レベルは改善されてきているとはいえ、今季の復帰は難しそうですね・・・。しっかり選手のケアを巨人にはしていただきたいですね!

Sponsored Link