今、ちょっと話題になっている林芳正議員ですが、出身高校と大学が驚くレベルで高学歴なんです。足元にも及ばない感じです。

また、林芳正議員は経歴も超絶なエリートなんです。まさに政治家になるべきして、政治家になったレベルですね!

そして、林芳正議員の家系図も華麗すぎて凄いんです。なんだか別世界の人のように思えてきます。

今回は、そんな林芳正議員について記載していきます。

Sponsored Link

林芳正議員の出身高校と大学が高学歴!

公用車利用の問題が取りざたされている林芳正議員の出身高校と大学が高学歴なんです!

林芳正議員は19611月生まれの57歳、東京都の出身です。

林芳正議員は東京都で生まれましたが、父親が衆議院議員総選挙で山口1区から出馬するため家族で山口県下関市に引っ越します。

林芳正議員は小中学校は地元の学校に通い、高校は山口県立下関西高等学校を卒業しています。

林芳正議員が卒業した山口県立下関西高等学校は、現在でも偏差値6667と高く過去には県内1の進学校と呼ばれていた時期もあるほどです。

林芳正議員は1984年に東京大学法学部を卒業、更に19914月にハーバード大学院に特別研究生として入学し19929月にハーバード大学ケネディースクールに入学、帰国により休学期間があったものの19946月に修了しています。

林芳正議員の出身高校と大学は高学歴が凄まじいですね!

林芳正議員は経歴もエリート!

林芳正議員は経歴もエリート!とこちらも話題になっています!

林芳正議員は東京大学法学部を卒業後の1984年に三井物産に入社しています。

大学卒業後に総合商社に入社とエリートコースを歩むのかと思いきや、1990年に三井物産を退社し、サンデン交通で社長秘書を務めます。

その後、山口合同ガスに入社しハーバード大学院に進み19919月より2ヶ月間 米下院議員スティーブ・ニールの銀行委員会スタッフを務め、その後米下院議員ウィリアム・ロスの国際問題アシスタントを務めます。

199212月、父親が大蔵大臣に就任したため帰国し大臣秘書官となり、1993年国会議員政策担当秘書資格試験に合格、19948月に父親の林義郎の秘書を務めました。

1995年衆議院議員選挙で初当選、1997年には自由民主党参議院副幹事長を務め、その後は大蔵政務官2回、内閣副大臣、防衛大臣、内閣府特命担当大臣、農林水産大臣2回、文部科学大臣と主な経歴だけでも林芳正議員がエリートなのがわかりますね!

林芳正議員の経歴は華麗なるエリートです。

Sponsored Link

林芳正議員の家系図も凄い!

林芳正議員の家系図も凄いんです!

調べてみると凄いことは一目でわかるのですが、家系図…図だから一目でわかるんですよね()

頑張って文字でわかりやすく伝えてみます!

林芳正議員の父親は、林義郎で経済企画政務次官・大蔵政務次官・厚生大臣・大蔵大臣などを務めていた政治家です。

祖父は、林佳介で下関倉庫社長で下関商工会議所会頭・サンデン交通会長を務めた実業家で衆議院議員でもありました。

林芳正議員の高祖父(祖父の祖父)は、林平四郎で衆議院議員や貴族院議員を務め、大津屋本店・春帆楼・生蝋製造業などを営む実業家で山口県多額納税者でもあります。

林芳正議員の叔父は林孝介で大津屋の会長、林芳正議員の叔母の夫は大分県知事です。

林芳正議員の母親の家系も凄く母方の祖父は宇部興産の初代社長です。

林芳正議員の妻も東大出身の才女でいて実家も名家で代々医者の家系です。

林芳正議員の家系図の凄さが少しは伝わったでしょうか?気になる方は図解での家系図も調べてみて下さい。

林芳正議員の華麗なる家系図に驚くばかりだと思います。

今回は、林芳正議員について記載しました。林芳正議員の出身高校や大学は驚くほどの高学歴で、経歴も華麗すぎるエリート。そして、家系図も凄すぎる。まさに政治家のために生まれてきたような存在です。

そんな林芳正議員は、今はいろいろと賑わせているみたいですが、これから正真正銘のゴシップがない活動を期待したいですね!

Sponsored Link

こんな記事も書いています。

林芳正議員の夫人の名前や年齢と職業は?子どもは長女だけ?息子は?