現在の注目されている政治家の1人が音喜多駿です。色々と上手くやっている印象ですね!そんな音喜多駿ですが、出身高校や大学はどこだったんでしょうか。意外と超エリートだったりします。なので、経歴も華々しいです!

また、音喜多駿の性格が胡散臭いとも話題になっていますが、政治家にはつきものです(笑)どれくらい胡散臭いんでしょうか・・・。

今回は、そんな音喜多駿について記載していきます。

Sponsored Link

音喜多駿の出身高校や大学はどこ?

音喜多駿の出身高校や大学はどこなんでしょうか。

最近、東国原英夫さんと共によくメディア露出してるのが、音喜多駿さん。

音喜多駿については、その妻の三次由梨香を取り上げた時にも触れていますが、少なくとも高学歴とはいえない奥さんに対して、音喜多駿の出身高校や大学は結構凄い事になってるんです。

先ずは音喜多駿の出身高校より前の前歴はというと、幼稚園は「いなり幼稚園」…なるほど。

次いで、出身小学校は「北区立王子第二小学校」になります。

そして凄いのは、中学と高校。出身中学校と高校は一貫性の進学校らしく、偏差値も71から75ある「私立海城中学校」、「私立海城高等学校」を出ているんですね。

因みに音喜多駿の出身大学は、「早稲田大学政治経済学部政治学科」、やはりこの大学生の時分より政治家を志していたんでしょうか。

音喜多駿の経歴は?

音喜多駿の経歴はどんな感じなんでしょうか。

学歴も難関の学校を卒業し、早稲田大学では政治経済学部を学んだ音喜多駿。

ベールに隠されている訳ではないけれど、音喜多駿の経歴について少し掘り下げていきます。

学歴でもレベルが高い進学校が学舎となっていて驚かされましたが、音喜多駿の経歴も更に凄い事が分かりました。

音喜多駿が大学を卒業後に就職した先は、どんだけ凄いのかピンとはきませんが、「LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ」の化粧品ブランド「ゲラン」で、営業とマーケティングの部署にいた経歴を持ってます。

…エリートの王子、べジータとは関係ありませんが、音喜多駿がエリート中のエリート街道まっしぐらだったのは分かります。

そのルイヴィトングループで、7年間勤務した後に政治家に転身するんですが、念願の政治家にならずとも、地位は十分に築けるだけの経歴があった事には、今の音喜多駿を見ていれば納得がいきますよね。

Sponsored Link

音喜多駿の性格が胡散臭いと話題!

音喜多駿の性格が胡散臭いと話題になってますが、政治家に胡散臭さはつきものと言ってしまえば、それまでですよね(笑)。

では、その音喜多駿の胡散臭さのレベルを二段階に分けて説明していきますが…。

音喜多駿の胡散臭い性格云々より、あくまで胡散臭さだけの指標なので、これだけで性格を統合させるのは端的に偏りしすぎてるかもしれないのを承知して下さいね。

話題になった音喜多駿の胡散臭い性格、その1。

離党の会見で、内部事情を暴露してしまう、その口は災いの元!ズバリ、喋りすぎではないのかとの意見が話題なんです。

胡散臭い性格その2は、過去の女性問題での事件が丸ごと胡散臭いと話題になってます。

2010年に起訴猶予となっていて、相手の女性とも円満に解決されたとなっています。だけど、胡散臭いとの性格を見破れるのは、自分にも何かしら当てはまるので、相手の胡散臭さにも気付くのではと思いますが…。

ビッグマウスには皆さん気を付けましょう。今回は、音喜多駿について記載しました。実は超エリートの音喜多駿。出身高校も大学も凄くて、経歴も凄かったんですね!胡散臭いと言われるのも政治家として認知されたからですね!これからも頑張ってほしいですね!

Sponsored Link

音喜多駿についてこんな記事も書いています。

音喜多駿の嫁・三次ゆりかは元ヤンキーなの?バツイチで経営者!画像