相撲協会評議員会の評議委員長の池坊保子とはどのような人物なのでしょうか。学歴や経歴が気になりまうね!

個人的には、真摯な対応でとても好感が持てます。

そんな池坊保子の結婚相手の旦那の職業や家族構成はどんな感じなんでしょうか。

今回は、そんな池坊保子について記載していきます。

Sponsored Link

池坊保子の学歴や経歴は?

池坊保子の学歴や経歴はどんな感じなんでしょうか。

池坊保子は1942年生まれの75歳、引退した日本の政治家で華道家です。

池坊保子は2014年に日本相撲協会の公益財団法人化に伴い外部有識者として評議員を委託され、現在は公益財団法人日本相撲協会評議会評議員会長を務めています。

池坊保子の学歴は学習院初等科、学習院女子中等科、学習院女子高等科を経て学習院大学文学部国文学科に入学するも1961年に中退しています。

池坊保子は1963年に結婚、出産を経て池坊学園理事長、学園長として夫を支えました。

池坊保子は選挙で1996年に初当選を果たし、議員時代は文部科学大臣政務官や文部科学副大臣、衆議院文部科学委員会委員長などを務め、政界を引退する2012年まで公明党女性委員会副委員長、党京都府本部顧問を務めました。

池坊保子の学歴は学院大学を中退経歴は池坊学園理事長から政治家、現在は公益財団法人日本相撲協会評議会評議員会長です。

池坊保子の結婚相手の旦那の職業は?

池坊保子の結婚相手の旦那の職業は何をしているのでしょうか。

池坊保子は学院大学を中退後の1963年 池坊の家元である池坊専永と結婚します。

池坊保子の結婚相手の旦那の池坊専永は1933年生まれで京都府出身の華道家であり、華道家元四十四世池坊専威の長男です。池坊とは最古かつ最大の会員数を誇る日本の華道家元で、池坊保子の結婚相手の旦那の池坊専永は四十五世の家元になります。

紫雲山頂法寺(六角堂)の住職が池坊の家元を兼ねるため、池坊保子の結婚相手の旦那の池坊専永は1946年に比叡山中学に入学、僧侶修行のために慈照院で生活し1953年に紫雲山頂法寺(六角堂)の住職に就任しました。

池坊保子の結婚相手の旦那の池坊専永の職業は紫雲山頂法寺(六角堂)の住職であり華道家です。

Sponsored Link

池坊保子の家族構成は?

池坊保子の家族構成はどんな感じなんでしょうか。

池坊保子は1942年に貴族院議員 梅溪通虎の三女として生まれます。

池坊保子は1963年に池坊の家元である池坊専永と結婚、1965年に長女の由紀(現・華道池坊次期家元)が生まれ、1970年に次女の美佳が生まれました。池坊保子の長女の由紀が1991年に元大蔵省官僚の雅史と結婚しています。

家族構成からは少し離れますが池坊保子の祖父は梅溪通魯(子爵、旧羽林家の梅溪家)父は梅溪通虎(子爵、貴族院議員)で曽祖父は久邇宮朝彦親王、大叔父に久邇宮邦彦王、池坊保子の母親が香淳皇后と従妹同士です。

華麗なる一族だったんですね!

池坊保子の家族構成は夫と子どもが2人、池坊保子の子どもは女の子が2人で1人は結婚して夫がおり、1人は独身です。

今回は、池坊保子について記載しました。

池坊保子の学歴や経歴は華麗なるものであり、結婚相手の旦那の職業も華麗なるもので、家族構成も華麗なるものでした。だから、あれだけの品の良さが伝わってくるんですね!相撲の人気を維持、向上させるために頑張ってほしいですね!

Sponsored Link