安井友梨(やすいゆり)はフィットネスビキニ選手(※一般的にはボディビルダー)で、タレントとしても活躍しているのですが、「人生が変わる一分間の深イイ話」に出演します。

なんでも安井友梨ですが、現在は外資系の会社で勤務しているということで、何の仕事なのか職業なのか、会社がどこなのかやっぱり気になります。また、安井友梨って結婚してるんでしょうか。

今回はそんな安井友梨について記載していきます。

Sponsored Link

安井友梨はフィットネスビキニ選手!

※引用 公式ブログ

安井友梨は、フィットネスビキニ選手です!なかなかフィットネスビキニ選手って聞かない名前だと思うんですが、一般的には、安井友梨はボディビルダーといったほうが、イメーつきやすいのではないかと思います。

そんな安井友梨が「人生が変わる1分間の深イイ話」が出演します。

安井友梨は今、美ボディを求める女性達の間で人気急上昇中のフィットネスビキニ選手ですよ。それにしても、凄い美ボディです。あのボディは手に入れたいと思う一般女性の方はあまりいらっしゃらないですが、トレーニング方法だとかは知りたいでしょうね!

なんでも3年前にフィットネスビキニと出会った安井友梨は、フィットネスビキニ始めてわずか10ヶ月で日本大会で優勝!フィットネスビキニは誰でも10ヶ月で優勝出来るほど甘い世界でない事は安井友梨の大会での写真を見れば分かりますね。どれだけストイックな練習をしていたのでしょうか(笑)

安井友梨はとにかくストイック。自分を追い込む深イイポリシーや食事法やトレーニング法も紹介されていたので参考になりますね。

これからも安井友梨がフィットネスビキニ選手として、ボディビルダーとしてどんどん活躍しそうですね!

Sponsored Link

安井友梨の外資系の会社はどこ?

※引用 公式ブログ

そんな安井友梨ですが、フィットネスビキニ選手として活躍しながらも外資系の会社に勤めているんだとか!どこの会社なんでしょうか。

ちなみに、安井友梨は身長173cm。体重は55kg-66kgだそうで、なんでこんなに体重に幅があるかと言うと、大会に向けて絞っているときは55kgになるそうですね。その差がなんと11キロ!大会前の追い込みは尋常じゃないのに・・・。

安井友梨の仕事は外資系金融機関の営業職ということですよ。外資系金融機関となるとどこの会社なのか。

とは言え、安井友梨は一般人なのでどこの会社かまでは分からないと思いましたが、調べてみるとオーストラリア・ニュージーランド銀行だという事が分かりました。

安井友梨が働いている外資系の会社であるオーストラリア・ニュージーランド銀行は、あまり聞きなじみのない銀行ですが、日本での営業は45年以上になるそうで、創業180年以上になるそうです。グループ全体で4万5千人の行員がいる大きな銀行ですね。

安井友梨の職業は、営業職という事ですが、社内での役職は「シニアリレーションシップマネージャー」だそうです。まだ、30代前半だと思いますが管理職だなんてすごいですね。さすがのストイックさなんでしょうね!

なので、安井友梨の外資系の会社は、オーストラリア・ニュージーランド銀行で職業は営業職で、管理職をしているエリートでもあります!

Sponsored Link

安井友梨は結婚してる?

※引用 公式ブログ

そんな安井友梨ですが、結婚はしてるんでしょうか?

安井友梨は、自分に厳しく10ヶ月で大会で優勝してしまうくらいストイックで、仕事は外資系で管理職。まさにできる女!

身長も173cmあり、スタイルも抜群となると周りが黙っていないでしょうから、結婚しているかもですね。結婚しているとして旦那はどんな人なんでしょうか?

ところが、安井友梨は結婚していないようですね。

正確なところは分からなかったのですが、安井友梨が毎日更新しているブログに一切、男の影が出てこないんですよね・・・。

まぁ、フィットネスビキニがメインのブログなので出てこなくても不自然ではありませんが、これだけ更新していればチラッとでも出てきそうなものですから、やっぱり結婚していないのだと思います。

なので、安井友梨はまだ結婚はしていないと思います。 

今回は、フィットネスビキニ選手の安井友梨について記載しました。

フィットネスビキニ選手、つまりボディビルダーとして、10ヶ月で日本大会で優勝するほどのストイックさは、外資系の会社でも発揮されているんですね!

安井友梨はまだ結婚はしていないみたいで、やはりここまでのストイックさについていける男性は限られてくるのではないかと思います。外資系の会社でも営業職で、管理職も務めているくらいですからね(笑)

なので、今後も1人でも多くの女性をフィットネスで助けてほしいですね!応援しています。

Sponsored Link