SHIHOが韓国人ではないかと言う噂がありますが、SHIHOが韓国人というわけではありません。

旦那・秋山成勲が韓国人なので、SHIHOも韓国人ではないかと言われてるだけです。情報が誤って伝達されちゃっているパターンですね!

気になるのが、SHIHOが日本人で、旦那・秋山成勲が韓国人の場合の子供の国籍です。どちらにしたのでしょうかね。

今回は、SHIHOについて記載していきます。

Sponsored Link

SHIHOは韓国人ではない!

SHIHOは韓国人ではないではありません。

SHIHOの本名は(旧・芸名でもあります)、矢野志保で結婚して今は秋山志保です。

SHIHOは1976年生まれの41歳で滋賀県草津市の出身で、SHIHOは高校に進学してすぐにサトルジャパンへモデルとして応募し事務所所属になります。

SHIHOは高校時代から綺麗だったんです。

その後、SHIHOは雑誌Junie専属モデルに応募しプチセブンでプロのモデルとしてデビューします。

モデルの仕事があると滋賀県から東京に通っていましたが、高校3年生の時に単身上京し、当時SHIHOが通っていた滋賀県立草津東高等学校から東京都立玉川高等学校に転入して卒業しています。

なので、SHIHOは生まれも育ちも日本で韓国人ではないです。

SHIHOの旦那・秋山成勲が韓国人!

SHIHOの旦那・秋山成勲は韓国人です。

SHIHOの旦那・秋山成勲は1975年生まれの42歳、大阪府大阪市生野区出身の在日韓国人4世です。

SHIHOの旦那・秋山成勲は2001年に帰化をして日本国籍を取得していますが、SHIHOの旦那・秋山成勲がのちに「柔道のために日本国籍を取ったが私は永遠に韓国人」と語っています。

なので、旦那・秋山成勲が韓国人と名乗ったから、SHIHOも韓国人なのではないかと思われたんでしょうね!

SHIHOの旦那・秋山成勲は2004年まで柔道の81kg級選手として大会に出場していました。2004年からフリーのプロ格闘家として活動をし同時にタレント活動もしています。

SHIHOと旦那・秋山成勲は2007年に交際を始めて2009年に入籍しました。

SHIHOの旦那・秋山成勲は在日韓国人4世の韓国人です。

Sponsored Link

SHIHOの子供の国籍は?

では、SHIHOの子供の国籍はどちらなんでしょうか。

SHIHOと旦那・秋山成勲は2009年に入籍し2011年に長女を出産しています。

SHIHOと旦那・秋山成勲の娘の名前はSHIHOの旦那・秋山成勲が自分の父親に対して、日本に帰化したことを負い目に感じていることもあり、韓国式の名前で紗欄と書いてサランと読む名前をつけました。

やはり、いろいろな思いがそこには存在しているんですね!

SHIHOの子供は小さい時から韓国のテレビで子役として活躍していて大人気なんだそうです!

SHIHOの子供のCM出演料は1本2000万円とも言われています。SHIHOの旦那・秋山成勲も韓国で人気があり親子で共演する機会も多いそうです。

素敵な家族像ですね!

SHIHOの子供の国籍は父親も母親も日本国籍なのでSHIHOの子供の国籍も日本です。

今回は、SHIHOについて記載しました。

SHIHOが韓国人なのではなく、旦那・秋山成勲が韓国人です。在日ではありますが。誤った情報が行き渡っていますね(笑)子供の国籍は日本ということで、帰化したので当然だとは思いますが、旦那・秋山成勲にとっては色々と合ったと思います。それでも素敵な活動をしているので、素敵ですね!

Sponsored Link

SHIHOについてこんな記事も書いています。

SHIHOの娘・サランの幼稚園と小学校どこ?韓国で子役デビュー!

SHIHOが旦那・秋山成勲と不仲の真相は?離婚間近は本当?画像

SHIHOのアップルヒップが凄い!カップやスリーサイズは?画像