話題になりそうなタレントを発見しました。名前は岡田紗佳(おかださやか)です。

現在はグラビアで活躍していますが、なんと大学は青山学院大学です。かなりのインテリですね!そのインテリを活かして、プロ麻雀、つまりプロ雀士としての側面もあるみたいです。麻雀番組に引っ張りだこになりそうですね!

なのに、麻雀が下手なのでは?という噂があります。そんなことはないはずですが、実際のところはどうなんでしょうか?

また、岡田紗佳ですが中国人のハーフだそうです。ということは、中国名では岡田紗佳の読み方はどうなるのでしょうか?

今回はそんな岡田紗佳について記載していきます。

Sponsored Link

岡田紗佳の大学は青学!

※岡田紗佳の画像①

グラビアで活躍している岡田紗佳ですが、なんと大学は青山学院大学です。

なんでも、高校入試の全国模試で全国6位になった経歴の持ち主。そこから高校は青山学院高等部に進学し、そのまま青山学院大学の国際政治経済学部に進学し、卒業していたみたいです。かなりのインテリですね!クイズ番組でも活躍できそうなレベルです。

かわいい顔で、青山学院大学って天は二物を与えましたね(笑)

今後いろいろな番組で活躍できる要素を持ち合わせていますね!

岡田紗佳はプロ雀士で下手なの?

※岡田紗佳の画像②

そんなインテリの岡田紗佳ですが、なんとプロ麻雀、つまりプロ雀士なんですが、下手という噂もあります。

なんでも岡田紗佳が麻雀を始めたのは、小学生からだそうです。麻雀の英才教育ですね(笑)中国にいたときに、祖母が雀荘を経営していたみたいで、小さい時から麻雀が身近な存在だったみたいですね!

そんな岡田紗佳ですが、プロ雀士なのに下手なのではという噂がありました。調べてみたところ、一部がそういう噂を流しているだけみたいです。

少なからず、プロで麻雀をするわけですから、下手というレベルではないと思います。恐らくですが、プロのレベルからみて下手というレベルなんでしょうね!個人的には、岡田紗佳のプロ雀士としての人生はまだまだこれからだと思います。

ただ、岡田紗佳が麻雀のプロとして活躍するのは、麻雀の業界にとってかなりプラスになるのではないかと思います。

Sponsored Link

岡田紗佳は中国人ハーフで中国名は?

※岡田紗佳の画像③

岡田紗佳ですが、実は中国人のハーフなんですが、中国名は何て言うのでしょうか。

母親が中国人で、父親が日本人。ちなみに6歳から6年間は中国にいたみたいで、その時に祖母の雀荘で麻雀を始めています。その時に、北京語と上海語をマスターしているみたいです。日本語も話せるので、トリリンガルということにもなります。

気になるのが、岡田紗佳の中国名の読み方ですよね!調べてみました。

岡田紗佳の中国名の読み方は、岡(ガン)・田(ティェン)・紗(シャ)・佳(ジャ)です。中国語での岡田紗佳の読み方を調べただけですが・・・。本名が岡田紗佳ではなかったら、違いますが・・・。

今回は岡田紗佳について記載しました。

青山学院大学の国際政治経済学部を卒業しているインテリの岡田紗佳。そんなインテリだから麻雀のプロとして活躍できるんでしょうね!一部では下手という噂もありますが、恐らく見るレベルが違うのだと思います。

中国人のハーフで、中国語での読み方はガン・ティェン・シャ・ジャです。本名が違ったら元も子もないですが・・・。これからいろいろな番組で活躍しそうですね!応援しています。

Sponsored Link