旅行に行った時に、時間だとかに縛られず、思った時にいコーヒーや紅茶を飲みたい方におすすめなのが、旅行用家電のケトルです。最近は、旅行にコンパクトなケトルを持っていく人も増えています。

なので、今回は旅行用家電のケトルをサイズや持ち運びや価格や容量といった視点で徹底比較していきます。

Sponsored Link

旅行用家電のケトルは持っておきたいグッズ!

旅行用家電のケトルは、旅行の時に持っておきたいグッスです!

実は、海外旅行好きの人達の中で旅行用家電のケトルが注目されてるんです!海外旅行にケトル???と、ピンとこない人もいるでしょうね。

というのも、旅行先の国によっては水道水がそのまま飲めない場合もあり、飲料水の確保に苦労する場合もあります。そういう場合は、ケトルがあると水道水を沸かして飲むことができるのでいいですね。

また、朝、部屋でコーヒーを一杯飲みたいな。という場合などでもゲストハウスのような宿泊先だと部屋に備え付けのケトルがない事が多く、自分で持ち込んだケトルでお湯を沸かすことになりますね。

その他、即席麺や即席スープなど、旅先での食費を浮かしたい場合だけでなく、粉ミルクなどにもケトルは活躍しますよ。

海外旅行先で快適に過ごすためには旅行用家電のケトルが必需品である事が分かってもらえたのではないでしょうか。

今よりも素敵な旅行にするために、旅行用家電のケトルは持っておきたいグッズです!

旅行用家電のケトル徹底比較!サイズや持ち運び編

旅行用家電のケトル徹底比較!サイズや持ち運び編です。まずは、サイズや持ち運びにポイントを置いていくつか商品をピックアップしてみましょう。

【旅人専科 折りたためる電気ケトル】

胴体部分がシリコンでできており、折りたためるケトルです。ケトル最大の問題である「嵩張る」を折り畳みで解決したのがこの商品です。電圧切り替え機能付きで様々な国で使えます。

【旅人専科 トラベルミニケトル】

1人使いに丁度いいサイズのケトルです。400g弱の重量で持ち運びしやすいですね。ミニだからと言ってもコーヒーなら2、3杯いける量を沸かせます。

【YAZAWA ヤザワ コンパクトトラベル電気ケトル TVR53WH】

スマートな形状のケトル。筒状の胴体の中に付属のコップを2つ収納できるのでコンパクトに持ち運びができますね。

旅行用家電のケトルは、折りたためたり、普段使いするよりもコンパクトなサイズが多く、とても持ち運びやすいサイズになっていますが、十分普段使いも出来るので、一石二鳥ですよ!

Sponsored Link

旅行用家電のケトル徹底比較!価格や容量編

続いて、旅行用家電のケトル徹底比較!価格や容量編です。

旅行用家電のケトルのサイズを重視すると、どうしても一度に沸かせるお湯の量は限られます・・・。1人旅であれば十分でも家族旅行の場合は、容量も重視したいところです。当然ながら価格も出来るだけ抑えたいところ。容量と価格でいくつかピックアップしてみましょう。

【デバイスネット「トラベルケトルスマート+ふた付ステンレス・マグ」(VA33-6510)】

たっぷり500mlのお湯を沸かせる旅行用家電のケトル。極力凸凹を無くしたデザインで荷造りのしやすさにも配慮されていますね。

【樫村 海外旅行用電気ケトル 「マルチボルテージ湯沸器」 TI-39】

こちらの旅行用家電のケトルは400mlのお湯を沸かせるタイプ。電圧切り替えという基本機能を持ちつつ、2,000円というとてもうれしい価格設定が魅力です。

【海外でも使える トラベルポット ケトル 電気ケトル 電気ポット マルチボルテージ電気ポット/1.0L 湯沸器】

こちらの旅行用家電のケトルはなんと!1000mlのお湯を一度に沸せる大容量タイプです。3,000円前半という価格設定もうれしいですね。

以上が旅行用家電のケトル徹底比較!価格や容量編でした!旅行用家電でも容量は確保したいという方にはおすすめです。

今回は、旅行用家電のケトルをサイズや持ち運びや価格や容量から徹底比較しました。

なくても困らないですが、あったら快適な旅行用家電ケトル!ぜび、旅行先で朝を迎える際には、より素敵な朝にするためにも旅行用家電ケトルを揃えてみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link