イチローは、日本のプロ野球界だけでなく全世界の野球界にとってのスターになっています。

そんなイチローの現在のスパイクって、あまり知られていないメーカーのビモロというメーカーです!

イチローが愛用しているんだから、かなり良いスパイクには間違いないでのすが、一体何が良いのかをわかりやすく簡潔に解説していきたいと思います。

今回は、イチローのスパイクメーカーについて記載していきます。

Sponsored Link

イチローのスパイクの経歴!

イチローのスパイクの経歴と言えば、イチローはデビューしてからアシックス一筋でした!

つまり、約20年間イチローはアシックスのスパイクだったんです!アシックスのスパイクもそうですが、ランニングシューズだとかも日本人の足に合うというのは、良く聞く話なので、イチローが愛用していることにより、よりそういうイメージが付いたんだと思いますが、そんなイチローが現在のスパイクメーカーは、アシックスではないんです。

なぜイチローがスパイクをアシックスから変更したのかの理由は定かではないですが、アシックスのシューズ職人がいなくなったというのが理由なのかもしれません!

以上がイチローのスパイクの経歴でした!

イチローの現在のスパイクメーカーは「ビモロ」!

イチローの現在のスパイクメーカーは「ビモロ」です。野球をしている人でも聞いたことがないメーカーだと思います。

それもそのはず!イチローの現在のスパイクメーカーは、鳥取県にある株式会社ワールドウィングエンタープライズという会社が作っているんです!まさに、「陸王」の世界観がズバリ合う中小企業なんです。

ですが、イチローだけでなく、プロゴルフ選手の横峯さくら、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの内川聖一、プロサッカー選手のレジェンド三浦知良や本田圭佑なども「ビモロ」のスパイクないしはシューズを愛用しているんです!

「ビモロ」恐るべしですね!

イチローがアシックスから現在のスパイクメーカー「ビモロ」に変更した理由も納得ですね!

Sponsored Link

イチローの現在のスパイクメーカー「ビモロ」の良さをわかりやすく簡潔に解説!

イチローの現在のスパイクメーカーである「ビモロ」の良さをわかりやすく、そして簡潔に解説していきます。

イチローだけでなく、三浦知良や本田圭佑といったプロスポーツの第一線で活躍している選手が愛用しているので、良いのは間違いないのですが、自分にとって合うかどうかが重要ですよね!

「ビモロ」のシューズについてわかりやすく簡潔に解説するために欠かせないのが、「初動負荷理論」です。ちなみに「初動負荷理論」とは、株式会社ワールドウィングエンタープライズの創設者であり社長である小山裕史氏が命名した理論です。

その「初動負荷理論」に基いてスパイクやシューズを製造しているんですが、「初動負荷理論」をわかりやすく簡潔に解説すると、筋肉の一連の動きをスムーズに行うことを指すようです。具体的に解説すると、人が静止している状態から歩いたり、走ったりなど運動する場合に、いろいろと筋肉に負荷が掛かっているんです。なので、その負荷を限りなく少なくするというものなんでしょう。

つまり、ゼロから100まで一気にパワーを出せる可能性が高いということですね!

走る場合だったらトップスピードになるまでの時間が筋肉の一連の動きをスムーズにすることによって、トップスピードになるまでの時間を短縮出来たり、踏ん張ったり、体重移動が必要な運動であれば通常のスパイクやシューズよりも負荷を感じずに動けるんでしょうね!

なので、イチローと言えば俊足選手としてもワールドクラスなので、トップスピードになる時間が速ければ早いほど良いに違いないので、アシックスから「ビモロ」に変更したのかもしれませんし、野球は体重移動が激しいスポーツなのでその負荷も軽減出来るのかもしれません。

以上がイチローの現在のスパイクメーカーである「ビモロ」の良さをわかりやすく、そして簡潔に解説してみました。

今回は、イチローの現在のスパイクメーカーである「ビモロ」について記載しました。

イチローがなぜアシックスから「ビモロ」にスパイクを変更したのかは、恐らく「ビモロ」の小山裕史氏のスポーツ選手に対する「思い」がスパイクを通じて伝わったんでしょうね!

Sponsored Link