ドラマ【モンテクリスト伯】ファリア真海役を田中泯が演じます。存在感が凄い俳優ですよね!

そんな田中泯ですが、俳優という一面もありますが、ダンスが凄いんです!ダンサーの一面もあるんです!また、田中泯の経歴も凄いんですよね!

これから田中泯の活躍がかなり期待されます。ドラマや映画でいてほしい存在感ですからね!

今回は、そんな田中泯について記載していきます。

Sponsored Link

【モンテクリスト伯】ファリア真海役の田中泯のプロフィール!

4月から始まる新木曜ドラマ【モンテクリスト伯】でファリア真海役を演じる田中泯のプロフィールをご紹介します。

大河・龍馬伝の吉田東洋や連続テレビ小説・まれの塩職人などに見られる、渋すぎる役者として認知されていますが、実は俳優ではなく踊りを本職とする舞踊家です。

ただ、本人はそうした肩書きすら拒んでおり、家族などについても謎が多いなど、根っからの表現者体質のようですね。

ほっそりとした体ですが、身長は意外にも180センチと高く、終戦の年だった1945年に生まれた73歳という高齢を全く感じさせないがっしりとした肉体を誇ります。

ここまでは【モンテクリスト伯】でファリア真海役にキャスティングされた田中泯の簡単なプロフィールでしたが、次は本職である踊りについてご紹介していきます。

田中泯のダンスが凄い!

俳優としても知られる田中泯ですが、本業であるダンスが凄いんです。

凄いといってもEXILEやジャニーズのように動きのキレが凄いというわけではありません。表現が凄いのです。

ダンス芸術に新しい風を起こすべく1974年から取り組んできた独自のダンスの開発が実を結び、ついに「場踊り」や「ハイパーダンス」と呼ばれる踊りを確立します。

その内容は、時にセットを組んだ舞台の上で、時に舞台を飛び出し自然の中で、その場所で生きる一つの命を表現するというものです。

田中泯の生んだ新しいダンスの形である『場踊り』の凄さは、文字だけではどうにも伝えきれないので、是非一度見ていただきたいです。不思議な引力によって目が離せなくなること請け合いですから。

Sponsored Link

田中泯の経歴も凄い!

新しいダンスの形を切り開いた田中泯ですが、ダンスが凄けりゃ経歴も凄いんです。

ダンスを習い始めてから10年ほど経った頃、まだベルリンの壁がドイツを東西に分けていた1982年に、西ドイツで行われたミュンヘン演劇祭で日本人の田中泯が最優秀パフォーマンス賞を受賞する快挙を達成します。

さらに1990年にはフランス政府からは三船敏郎や北野武ら日本でも【層々たる?】顔ぶれが受賞している芸術文化勲章を受賞しています。

さらには踊りの圧倒的表現力と存在感を買われ、2002年山田洋次監督作品「たそがれ清兵衛」に俳優として起用されるなど、身体一つで表現できることにおいて右に出るものはいないといえますね。

こうして一部を振り返っているだけで田中泯の経歴の凄さが伝わってきますよね。

ドラマ【モンテクリスト伯】ファリア真海役を田中泯が演じています。田中泯の俳優としての演技力が凄いですが、ダンスも凄いですし、経歴も凄いんです!これからどんどん映画やドラマに活躍しそうですね!応援しています!

Sponsored Link