大晦日に食べるものといえば【年越しそば】。

でも、どのタイミング、いつ食べるのかが正解かってわからないですよね…。しかも、1年に1回なので忘れてしまいますし…。

また年越しそばの具材の意味は何なのか、そして年越しそばの由来はなんなのかわからない……

ということで今回は年越しそばについて記載していきたいと思います!

Sponsored Link

【年越しそば】いつ食べるのが正解?

年越しそば

【年越しそば】いつ食べるのが正解なのでしょうか?

結論から申し上げますと……年越しそばの食べる時間には正解がないんだそうです。

ただ、皆さんがご存知の大晦日に食べる、ということは間違っていなく、大晦日中に食べることがベストなのだそうですよ。

また、年を越す直前に食べないといけないやと年越しと同時に食べないといけない、とかこのような決まりはないそうで。

へぇ〜、いつもなんとなく年越しそばを大晦日に食べつつ「本当は決まりとかあるんだろうな〜」とか思ってましたが、それはよかった…..

ということで、【年越しそば】をいつ食べるのが正解というものがないことがわかりましたが、もし大晦日という日に食べられなかった、逃してしまった場合はどうなってしまうんでしょうか?

年越しそばの食べるタイミングを逃したらどうなるの?

年越しそば

年越しそばを食べるタイミングを逃したらどうなるのでしょうか。

結論から言いますと……タイミングをどう逃したかによります。

もし大晦日よりも1日ずれてしまった、つまり元旦になってしまったというのは、全然大丈夫なのだそうです。

というのも、地域によっては年越しそばを大晦日に食べるのではなく、元旦に食べるという習慣があったりするそうです。

言われてみれば「年越し」って年を越したという意味と捉えられますもんね〜。

ただ、大晦日より2日以上経ってしまった、なんてことでしたら、年越しそばを食べる意味がなくなってしまうかもしれません。

また、逆に晦日にたべるということも同様に年越しそばの意味をなさないそう。

なので、あくまでも「大晦日」に食べることを念頭に置いておいていただければと思います。

以上、年越しそばのタイミングを逃したらどうなるのかを記載しましたが、具材に意味はあるのでしょうか?

Sponsored Link

【年越しそば】の具材の意味や由来は何?

年越しそば

【年越しそば】の具材の意味、年越しそばの由来は何なのでしょうか?

詳しく記載していきたいと思います。まず年越しそばの由来は蕎麦が切れやすい、つまり災厄を切れるというところからきているのだそうです。

そんな深い意味があるとは知りませんでしたね笑

そして年越しそばに入っている具材にも深い意味が込められているようで。

まずエビの天ぷら。

こちらは、エビの腰が曲がっているところから、長寿を意味しているらしいのです。

これを食べることによって、長寿になろう、いやなれる、という意味がこめられています。

続いて油あげ。

油あげは、「金運」をあげる、さらに「仕事運」までもあげる縁起物として知られている具材なんです。

これを食べれば一年たくさんの幸運が訪れるということですね。

新年を迎える前に食べておきましょう。

最後に紹介するのは大根おろし。

これには「厄を落とす」と言う意味があり、一年の終わりに食べるのにはベストの食べ物だと思われます。

なので、年越しそばを食べる際には必ずこの「大根おろし」を入れるようにしましょう。

ここまで【年越しそば】の具材の意味を紹介しました。

【年越しそば】はいつ、タイミングには食べることには決まりがないことがわかりました。

そして具材の意味についても詳しく紹介しましたので、今年年越しそばを食べる際は、参考にしてみてくださいね。

年越しそばの由来も知った上で食べる今年の年越しそばは、とても深いものになりそうです笑

Sponsored Link