年賀状のシーズンがやってきましたが、2018年から料金変更があります。ただ適用される期間があるようで、一体いつからなのか確認しておきたいところです。

また、どうして料金改定になったのか理由も気になるところですし、切手の張り方もマスターしておきたいところです。

今回は、そんな年賀状2018について記載していきます。

Sponsored Link

【年賀状2018】料金変更はいつから?

【年賀状2018】料金変更はいつからなんでしょうか。

【年賀状2018】料金変更は2017年12月14日以前に投函されたものと2018年1月8日以降に投函されたものが料金変更の対象となります。

少しややこしいのですが2017年6月1日から郵便はがきの料金は52円から62円に料金が変更になっています。

【年賀状2018】については料金を52円のまま変更はしませんと発表になっていました。これがややこしい原因ではあるんですが(笑)

【年賀状2018】として取り扱うはがきの投函日が2017年12月15日から2018年1月7日までとなっており、年賀はがきではなくても年賀状として使用する場合、はがきの表面の見やすい位置に朱記ではっきりと「年賀」と書いてあれば52円で出すことが出来ます。

【年賀状2018】料金変更は2018年1月8日からです。

【年賀状2018】料金変更が52円から62円の値上げ理由は?

【年賀状2018】料金変更が52円から62円の値上げ理由は何なんでしょうか。

日本郵便株式会社が第二種郵便物(はがき)・定形外郵便物・ゆうメールの郵便料金等の改定を発表したのは2016年12月12日です。

【年賀状2018】料金変更が値上げされる理由については人件費単価の上昇、大型郵便の増加に伴う持ち戻り・再配達のコスト増加があげられています。

郵便料金は1994年の改定から消費税増税時を除いて実質的に22年間料金を据え置いてきました。

郵便料金は1994年からはがきは50円、定形郵便は80円ということですね。

日本郵便株式会社はコスト増加に対し今後も安定的なサービスの提供を維持するため、郵便料金等の一部を改定しました。

【年賀状2018】料金変更が52円から62円の値上げ理由はコスト増加に伴うサービスの安定供給を維持するためのようです。

Sponsored Link

【年賀状2018】料金変更された場合の切手の張り方

【年賀状2018】料金変更された場合の切手の張り方について記載してきます。

【年賀状2018】を2018年1月8日以降に投函する場合は料金変更が適用されます。

【年賀状2018】が52円から62円になるので不足料金の10円分の切手を貼る必要があります。

【年賀状2018】に10円分の切手を貼り足す場合は、はがき表面の左上の切手の場所のすぐ下に、詳しく記載するともともと印字されている52円切手の下に10円切手を貼ります。

【年賀状2018】に貼り足す切手が2枚以上の時も同じように下に貼り足していきます。ちょうど切手が縦1列に並ぶ感じです。

【年賀状2018】料金変更された場合の切手の張り方は不足料金分の切手を縦1列に並ぶように貼れば問題ないみたいです。

今回は、年賀状2018について記載しました。

料金変更にともない少しややこしいですが、早く投函すれば52円で届くんですね!理由ももっともらしいので、しょうがないですが・・・、時代を感じますね。切手も貼らないといけなくなるので、しっかりと期間内には投函しておきたいものです。

Sponsored Link