お年玉のシーズン2018が間もなくやってきます。

赤ちゃんや孫のお年玉の相場や年齢別の相場はいくらなのか確認しておきましょう。年齢別も記載しています。

今回は、お年玉の相場シーズン2018について記載していきます。

Sponsored Link

【お年玉の相場2018】赤ちゃんの相場はいくら?

【お年玉の相場2018】赤ちゃんの相場はいくらくらいなのか。

新年を祝う縁起の良いものとしても、お年玉を遣り取りする行事が身近なものとして挙げられますが、このお年玉の本来の意味は、魂のタマからきてるのだとか。

歳神様には、昔からお餅をあげた風習があって、年が変われば餅を下げて、魂を分けてもらう為のものとして、お年玉があるそうです。

具体的に、赤ちゃんはまだお年玉の相場の事など、物心がついてないものですから、大金を渡して喜ぶかどうかは別。

お年玉の相場は、赤ちゃんなら1000円が妥当との見解もあるけど、贈り物で赤ちゃんの数え年を祝うところもあるそうなんです。

【お年玉の相場2018】は、500円玉、玉繋がりで魂を呼ぶものとしたら、硬貨の方がシンプルで気兼ねもなく、良いかもしれませんね。

【お年玉の相場2018】孫の相場はいくら?

孫のお年玉の相場はいくらくらいなんでしょうか。

【お年玉の相場2018】親戚からご近所までの相場とくれば、その血筋や位置関係で多少の違いはあるとして。【お年玉の相場2018】と、改めて考えるまでもなく、世間体のお年玉はおおよそ一律で、決まっているようなものです。

孫と限定されるかぎりは、お年玉を渡すのはお祖母ちゃん、お祖父ちゃんになる訳ですが…。

身内だからこそ、孫が乳児から幼稚園くらいの年齢なら、500円~1000円の相場も耳にしますし、分別がつく年齢の孫ならば、1000円~2000円の間といった一般情報もあります。

あくまで、歳の魂を分けるといった意味合いを持つお年玉なので、孫だからといって金額増しをする必要はないかとも思います。

内孫、外孫、受験を迎える孫と、垣根は払って、そして厄を払うにもかこつけ、お金のお年玉で払おうとする気持ちがあるなら、十分かともいえますよね。

Sponsored Link

【お年玉の相場2018】年齢別一覧!

では、データに基づき、独自で【お年玉の相場2018】年齢別一覧を記載していきます。

【お年玉の相場2018】年齢別の一覧!

お年玉をあげる側の関係性にもよるし、もらう側の歳によっても違います、が!

男子だから女子だからというのは、重要視されないので、年齢別一覧では大きな括りの目安としてみて頂ければと思います。

小学生1年生から小学校6年生:1000円~4000円程度

お年玉金額は、奇数ではなく、割り切れる偶数の方が良いかも。

中学生から高校生:5000~8000円程度

親戚をベースにした少し高めの設定なので、知人の子供なら、自由に使える2000円くらいでも十分になります。

5000円~という、貯金をするには充足の金額でいかがでしょうか。以上、年齢別一覧でみた場合のお年玉の相場でした。

今回は、お年玉の相場について記載しました。

あくまでも相場なので、家族ルールなのがあればそちらが優先かと思います。これを機に家族ルールを設定しても良いかもしれませんね!

Sponsored Link