中川家の漫才がとても好きです。今回はそんな中川家について記載していきます。

今回のしくじり先生で中川家が幼少の頃にやっちゃった話で、実家のアパートの話がありますが、実家のアパートは守口市のどこなののでしょうかね・・・。また、かなり家族に迷惑をかけていた中川家なので、家族構成や父親と母親の職業についても記載していきます。

今回はそんな中川家について記載していきます。

Sponsored Link

中川家の実家アパートは守口市のどこ?

中川家の実家アパートは大阪府守口市のどこなのか。もちろん、住所までは特定しちゃいけないので、おおよそになりますが。

今週の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」は兄弟漫才コンビの中川家がしくじり先生として登場します。中川家自身の子ども時代のいたずらや文字通りの火遊びを反面教師として「俺みたいになるな!!」言う内容でしたね。見事な掛け合いを披露してくれますね!

子どもの頃の話の中で中川家の実家アパートが大阪の守口市であるとされてました。守口市も広いですがどこのあたりなのか。それにしても、中川家アパートってちょっと面白いですね(笑)

色々調べてみたのですが、中川家の実家アパートの具体的な住所までは判明できませんでした。ただ、中川家の出身小学校は大阪府守口市立梶小学校なので、中川家の実家アパートがあったのは、守口市梶町だという事は間違いないと思います。中学校も梶中学校です。

地図で見ると梶小学校と梶中学校は隣同士ですね。これだけ小学校と中学校が近いと言うのも珍しいのではないでしょうか。

なので、中川家の実家アパートは守口市の梶町であることは間違いなさそうですね!

中川家の家族構成は?

中川家はコンビ名ですが本当の兄弟ですが、本当の中川家はどんな家族構成なのかというと、父と母に中川家の2人、つまり、剛と礼二の4人家族のようですね。

中川家の2人は貧しい家庭に育ったようで、中川家の兄弟2人でよく遊んでいたそうです。まぁ、昔は貧しい家庭というのは珍しくなかったと思いますが、貧乏エピソードを見るとちょっと涙が出てきそうになります。

それにしても「しくじり先生」で紹介していた、中川家の2人が子ども時代にしていたいたずらはひどいものですね。自分たちの住んでしたアパートが燃えてしまうんですから。燃えるってなかなかないですよね!中川家の家族の怒りはどれほどまでだったんでしょうね(笑)

それも、兄弟を置き去りに・・・昔の子ども達は結構ないたずらをしていましたが、昔だからというレベルじゃない気がしますね。これは十分ありえないいたづらです。

話は脱線しましたが、中川家の家族構成は、4人家族で、貧乏だったんですが、笑顔が絶えない家族だったんだと思います。

Sponsored Link

中川家の父と母の職業は?

貧乏だったという中川家の父と母はどんな職業はというと、運送会社に勤めていたみたいです。中川家の実家のアパートは、運送会社が用意していた社宅だったんです。

「しくじり先生」で紹介していたいたずらで燃やしてしまったという中川家の実家のアパートは、この運送会社が用意してくれていた社宅ということです。それにしても、中川家の実家アパートが社宅で、それにいたづらで燃やしちゃうって・・・。過激ですね(笑)

その社宅は六畳と四畳半の二部屋だけのようで、お風呂は付いてなかったみたいです。昔は銭湯に行くというのは普通でしたから、お風呂が付いてなかったからと言ってそれだけで貧乏とは言えませんね。

そんな中川家の貧乏エピソードですが、子どもの頃の野球観戦と言えばプロ野球ではなく社会人野球。まぁ社会人野球が好きと言う人もいますからこれはいいとして、ペットの鶏が食卓に。もう、なんとも言えません・・・。だからこそ、現在の中川家の漫才があるんでしょうね!

そんな中川家の父と母の職業は、運送会社でかなりやんちゃな中川家を頑張って育てたんでしょうね!

今回は中川家について記載しました。

中川家の実家アパートは、守口市の梶町にあったんでしょう!運送会社の社宅だったので、現在はないかもしれませんが・・・。中川家の家族構成は4人家族で、父親と母親は運送会社で働いていました。

小さい頃、とてもやんちゃな中川家を働きながら頑張って育てたんですね!中川家の父親と母親がとても凄い人なんですね!今後も、いろいろな漫才やトークを中川家には繰り広げていただきたいですね!応援しています。

Sponsored Link