ロッチのコカドケンタロウがトーク番組「誰だって波瀾爆笑」に出演します。どうやら幼い時の辛いエピソードを話すみたいです。

そのエピソードとは、父親が失踪・蒸発していたという話です。びっくりしました!そうだったんですね!子どものときにこういう体験をするとなかなかトラウマになっちゃうと聞きますが・・・。

父親の職業はなんだったんでしょうかね?気になりますよね!

また父親が失踪・蒸発後は母親と姉と3人で暮らしていたみたいですが、その家庭環境も酷かったのではないかという情報がありました。

今回はそんなロッチのコカドケンタロウについて記載していきます。

Sponsored Link

コカドケンタロウの父親が蒸発!

※コカドケンタロウの画像①

ロッチのコカドケンタロウがトーク番組「誰だって波瀾爆笑」に出演します。

コカドケンタロウが小学生の時に父親が「銭湯に行ってくる」と行ったっきり、30年も帰ってきていないエピソードを話すみたいです。どんだけ遠い銭湯に、どんだけ長湯してんねん!もしくは、秘湯を探してんのか?ってツッコミたくなりますが・・・。小学生のコカドケンタロウにとってはかなりトラウマになりうるエピソードですよね・・・。

失踪なのか蒸発なのかはわかりませんが、コカドケンタロウがここまで有名になったので、父親が会いに来てくれても良いのに!っと個人的には思っています。

Sponsored Link

コカドケンタロウの父親の職業は?

※コカドケンタロウの画像②

失踪・蒸発した父親の職業はなんだったんでしょうかね?ちなみに、コカドケンタロウが生まれた時、母親は40歳だったみたいです。当時であれば、かなり高齢出産ではないかと思います。

だとすれば、コカドケンタロウの父親も40代か50代であることは確実ですよね!

その年齢で蒸発するということは、個人的な見解では職業はなかったのではないかと思います。その年齢まで仕事をしていたら、会社でもある程度の立場にいるでしょうし、蒸発するのは難しいと思います。

もしくは、自営業をしていたかですね!ただ自営業だとすれば、上手くいってなかったとしたら、家族全員で蒸発した方が賢明だと思うので、無職だったのではないかと思います。

コカドケンタロウの母親との家庭環境が酷い?

Sponsored Link

※コカドケンタロウの画像③

父親が蒸発した後、母親と姉の3人で生活をしていたみたいです。ちなみに、母親の職業は手話の先生です。

そうすると、母子家庭の中でも年収が少なかったのではないかと思います。手話通訳士として働いていたかは不明ですが、仮に手話通訳士だとしたら、月給が大体15万円から18万円だそうです・・・。相場が・・・。

そうなると、姉とコカドケンタロウの二人を食べさせていくのには、なかなかしんどい状況だと思います。

なのでテレビ番組などで出された手料理は食べられないんでしょうね・・・。食べたことがないかもしれません・・・。毎日、冷凍食品だとかの家庭環境だったのではないでしょうか・・・。

※コカドケンタロウの画像④

今回はロッチのコカドケンタロウについて記載しました。

コカドケンタロウがトーク番組「誰だって波瀾爆笑」に出演します。小学生の時に父親が蒸発していました!びっくりですよね!恐らく父親は無職だったんでしょうね・・・。じゃないと、蒸発という選択肢は考えにくいですからね・・・。

母親との家庭環境も愛情はあったかもしれませんが、経済面でとてもしんどい思いをしているんでしょうね!母親の手料理を食べたことがないかもしれません。

そんな背景をしってしまったら、ロッチのコカドケンタロウの凄さと応援したい気持ちが湧いてきました!頑張ってください!

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。