藤井聡太が高校進学を決断しましたね!

プロデビューせず、高校進学を選択した藤井聡太はさすがだと思います。個人的にも、藤井聡太が高校進学の意志になったのは正解だと思います。

そんな藤井聡太の高校はやはり名古屋大学教育学部附属になるんでしょうかね!偏差値や学費や受験方法が気になります。

今回は、そんな藤井聡太について記載していきます。

Sponsored Link

藤井聡太の高校進学を決断!

藤井聡太の高校進学を決断したんだとか!

一気に日本一有名な中学生になり、将棋界を盛り上げてくれた藤井聡太。いつの時代もこういう新しい風が出て来るのは嬉しいですね!そんな藤井聡太が高校進学を決断して、良かったと思います。

勉強の面ももちろんそうですが、友達も大事ですからね!仲間を藤井聡太には見つけてほしいものです。

そんな藤井聡太ですが、中学校は名古屋大学教育学部附属中学校に通っています。ちなみに偏差値は66です。藤井聡太であれば、あまり驚かないですが、普通に凄いですね!

藤井聡太の高校進学の決断が正解だったという生活を送ってほしいですね!

藤井聡太の高校は名古屋大学教育学部附属?

藤井聡太の高校は名古屋大学教育学部附属になるのでしょうか。

藤井聡太が高校進学して、高校受験するのは良いですが、どこの高校になるのか気になりますよね!

その中で1番可能性が高いのは、名古屋大学教育学部附属高校ではないかと思います。

というのも、藤井聡太の出身中学である名古屋大学教育学部附属は、中高一貫校です。なので、別の高校を受験する可能性はとても低いのではないかと思います。

高校受験をするならテスト勉強しないといけませんし、その時間をプロ棋士としての時間に当てたいというのが、藤井聡太の考え方ではないかと勝手に推測しています。

なので、藤井聡太の高校は名古屋大学教育学部附属の可能性が高そうです!

Sponsored Link

藤井聡太の高校の名古屋大学教育学部附属の偏差値や学費や受験方法は?

藤井聡太の高校の名古屋大学教育学部附属之偏差値や学費や受験方法が気になりますね!

まず、名古屋大学教育学部附属高校の偏差値は、62です。さすがですね!中学校と高校で偏差値が変わるのは、おそらく一般入試枠があるからなんでしょうね!

続いて、学費ですが約12万円ですね!多少の前後はあると思いますが!

そして、気になる名古屋大学教育学部附属高校の受験方法は、中高一貫校なので、藤井聡太は意志さえあれば進学できそうですね!

ちなみに、名古屋大学教育学部附属高校は一般入試も受け付けているので、ひょっとしたら受験して合格したら、藤井聡太と同級生になるのかもしれません。

以上が、藤井聡太の高校の名古屋大学教育学部附属の偏差値や学費や受験方法でした!

今回は、藤井聡太について記載しました。

おそらくですが、藤井聡太の高校は、名古屋大学教育学部附属高校ではないかと思います。偏差値や学費や受験方法についても記載しました。藤井聡太は、日本一有名な中学生になったので、次は日本一有名な高校生になってほしいですね!

Sponsored Link