ノーベル化学賞2017の候補として名前が上がっている吉野彰さん。

ノーベル化学賞は、2010年以来日本人は受賞していないので、吉野彰さんに期待がかかっています。

そんな吉野彰さんの学歴や経歴などのプロフィールや会社の仕事は何をしているのかについて記載していきます。

今回は、吉野彰さんについて記載していきます。

Sponsored Link

【ノーベル化学賞2017】候補の吉野彰とは?

※出典 旭化成株式会社 公式HP

ノーベル化学賞2017の有力候補として呼び声が高い吉野彰さん。

2010年以来、日本人がノーベル化学賞を受賞していないので、吉野彰さんに日本人の期待が大きいと思います。

吉野彰さんが発明したのは、「リチウムイオン二次電池」です。

誰もが「リチウムイオン二次電池」と聞いて「リチウムイオン電池」とお分かりになると思うんですが、改めてノーベル化学賞の候補の吉野彰さんが発明した「リチウムイオン電池」とは何なのか簡単に記載すると、繰り返して使える電池です。また、その他の繰り返して使える電池よりも電圧が下がらないので、ストレスなく利用できます。

なので、吉野彰さんが発明した「リチウムイオン電池」は、携帯電話やノートパソコン、エコカーなどで利用されています。

ノーベル化学賞2017候補の吉野彰さんとは、そんな凄い「リチウムイオン電池」を発明した人なんです!

【ノーベル化学賞2017】候補の吉野彰の学歴や経歴

続いて、ノーベル化学賞2017候補の吉野彰さんの学歴や経歴などのプロフィールについて記載していきます。

吉野彰さんの学歴は、1970年に京都大学の工学部を卒業後、京都大学大学院に進学して、工学研究科修士課程を修了しています。それだけではなく、2005年には大阪大学の大学院で工学部電子工学科の博士課程を修了しているので、最終学歴は大阪大学です。

吉野彰さんの経歴は、京都大学を卒業後に旭化成株式会社に入社して、現在は旭化成株式会社の名誉フェローとして活躍しています。ちなみに、吉野彰さんの「名誉フェロー

」とは、名誉研究員です。

そんな吉野彰さんの年齢は、1948年1月30日生まれなので、68歳です。

以上が、ノーベル化学賞候補の吉野彰さんの学歴や経歴などのプロフィールでした。

Sponsored Link

吉野彰さんの現在の会社の仕事は何?

※出典 旭化成株式会社 公式HP

ノーベル化学賞2017の候補の吉野彰さんですが、現在の会社の仕事は旭化成株式会社の「名誉フェロー」です。

また、吉野彰さんには他の顔もあり、愛知県の名城大学大学院の教授も務めています。

やはりノーベル化学賞候補となると大学の教授は外せないところなんでしょうね!

もう吉野彰さんも68歳ですし、吉野彰さんの考え方や研究への取り組み方を次の世代に受け継いで、新たなるノーベル化学賞の候補を育成する方が日本のためにもなりますし、吉野彰さんにとっても大義なんだと思います。

なので、旭化成株式会社も「名誉フェロー」という形の席を用意したんでしょう!

吉野彰さんの現在の会社は、旭化成株式会社で仕事は「名誉フェロー」を務めており、名城大学でも大学教授を務めています。

今回は、吉野彰さんについて記載しました。

ノーベル化学賞の有力候補の吉野彰さんに期待がかかりますが、「リチウムイオン二次電池」を発明したのは、紛れもなく世の中へ貢献しているので、もしノーベル化学賞を受賞できなかったとしても、その偉業は後世に伝えるべきことだと思います。

ですが、やっぱり吉野彰さんにはノーベル化学賞を受賞してほしいですね!

Sponsored Link