若干19歳で、報道番組【NEWS ZERO】に大抜擢された杉山セリナ。タレントなのかと思いきや、現役の大学生です。快挙ですよね!

そんな杉山セリナなんですが、名前の如くハーフです。メキシコ人とのハーフで、幼少期には、メキシコで生活していました。そこの街の場所が気になりますが、そこがなんと!とても治安が悪く危険な場所だったんです!そんな場所で育ったような雰囲気はありませんよね(笑)

杉山セリナについてこんな記事も書いています。

杉山セリナのzeroで英語を披露?高校は静岡サレジオ?zip?

父親はどんな人だったんでしょうか?母親も気になりますね!

今回はそんな杉山セリナについて記載していきます。

Sponsored Link

杉山セリナのメキシコ生活の街の場所はどこ?

※杉山セリナの画像①

2017年4月から日本テレビ「NEWS ZERO」でキャスターを務める杉山セリナは父親がメキシコ人、母親が日本人のハーフですが、メキシコで暮らしていたようですね。メキシコのどこに住んでいたのか調べてみましょう。

杉山セリナがメキシコに住んでいたのは小学5年生まで。場所はトレオンという都市だそうですね。トレオンは19世紀の末から開発が進められた比較的新しい都市です。2つの国道が交差する交通の要所となっていますね。

メキシコはサッカーが盛んですが、1983年に創立された「サントス・ラグナ」というチームのホームでもあります。

2007年にコパ・インデペンデンシアで優勝した事もある名門チームです。

Sponsored Link

そこは治安が悪く危険だった!

※杉山セリナの画像②

杉山セリナが暮らしていたというトレオン。実は「戦争地帯を除くと世界で最も危険な都市」の異名を持つ、国境都市フアレスの近くにあるそうですね。

杉山セリナ自身も「ディーラーがアメリカにドラッグを運ぶための関所になっていて、だからそこを狙って抗争とかいっぱいあった」と言っています。

「抗争がいっぱいある」ところで生活するってどんな感覚でしょうね。日常的に発砲音が聞こえたりするんでしょうか。通学など親は心配で仕方がないでしょうね。放課後に家の近くで遊んだりもできないでしょうし。

ちなみに、国境都市フアレス。今はホンジュラスの「サン・ペドロ・スーラ」に抜かれ2番目に危険な都市になっています。

2番目だからと言ってもね・・・。

父親がメキシコ人なの?母親は?

Sponsored Link

初めにも書きましたが、お父さんがメキシコ人、お母さんは日本人ですね。

どうするとメキシコ人と出会って結婚までなるんでしょうね。旅行先で出会ったとか、お父さんが日本に来てたとかですかね。子供を連れてメキシコで暮らすようになるってなかなか想像できないですね。

それも「戦争地帯を除くと世界で最も危険な都市」の近くですからね。

そんなメキシコ育ちの杉山セリナですが、現在は上智大学外国語学部英語学科在学中。高校時代にはフジテレビのワイドナショーにも出演してましたね。

現在は19歳の番組史上最年少キャスターとして、金曜日のカルチャーコーナーとお天気コーナーを担当しているので気になった方は見て下さいね。

※杉山セリナの画像③

今回は杉山セリナについて記載しました。

メキシコのトレオンに小学校5年生まで生活をしていたんですが、そこはとても治安が悪く危険な都市だったんですね!そんなところで育ったようには見えないのが杉山セリナの凄さですよね!

父親がメキシコ人で母親が日本人のハーフなのですが、現在は上智大学の外国語学部に在学中です。治安の悪い都市だったかもしれませんが、外国語は学べていたんでしょうね!

今後も杉山セリナには注目ですね!

Sponsored Link

この記事を読んだ方は、こんな記事も読んでます。