ドラマ相棒16の三上富貴江役はとよた真帆が演じます。キレイな女優さんですよね!

そんなとよた真帆ですが、韓国人という噂がありますが、本当なんでしょうか。また、とよた真帆の実家や両親の国籍はどこなんでしょうか。ルーツが韓国であれば確定ですけど・・・。

今回は、そんなとよた真帆について記載していきます。

Sponsored Link

【相棒16】三上富貴江役はとよた真帆!

【相棒16】にて主人公・杉下右京属する警察に圧力をかける国家公安委員の三上富貴江役をとよた真帆が務めることが決定しています。

1989年から女優をやっているベテラン女優のとよた真帆が、【相棒16】の最終回にチラッと出演するという情報を自身のブログでも発表しました。

これまで山村美紗や森村誠一などの傑作刑事作品にも出演してきたとよた真帆ですが、意外にもドラマ界屈指の長寿作品である相棒への出演は今回が初ということです。

とよた真帆自身、素でキャリアウーマンの雰囲気を漂わせているだけに、エリート中のエリートである国家公安委員はハマり役となるのではないでしょうか。

【相棒16】の三上富貴江役でとよた真帆がどんな演技を見せてくれるのか楽しみです。

とよた真帆は韓国人なの?

とよた真帆は韓国人なのかという噂が立ったことがあるようですが、 本当に韓国人なのでしょうか。

調べてみたところ、限りなくデマに近い情報のようです。

ではなぜそんな情報が流れたのかというと、おそらくですが、2012年にとよた真帆が出演する衛星放送の番組に韓国を紹介するものが多かったことから、そうした推測をする人が多かったのではないでしょうか。

しかも2012年といえば朝鮮学校の授業料に関する在日朝鮮人のスパイ騒動もあったことで、ちょっとでも関連性があれば疑うという空気になっていたことも理由の一つと考えられます。

とよた真帆は韓国人なのかという突拍子のないように思える噂でも、条件が揃えば立ってしまうという悲しい現実です。

Sponsored Link

とよた真帆の実家や両親の国籍はどこ?

韓国人という噂が立てられてしまった、とよた真帆の実家や両親の国籍はどこなのでしょうか。

生まれは東京都新宿区で、初等科から一貫して通っていた学習院女子高等科も新宿区にある学校ということから、実家は東京の新宿区周辺ではないでしょうか。

また両親についても、父親の会社の倒産により経済的に厳しくなったとき母親が銀座にバーを開いて家計を支えたというエピソードもあり、母親からは戦時中の話もよく聞いていたということで、両親含め代々日本人の家系であることは間違いなさそうです。

とよた真帆の実家や両親の国籍は、先に出てきた「韓国」という噂の立ちようがないほど生粋のジャパンカラーとなっています。

今回は、とよた真帆について記載しました。

ドラマ相棒16の三上富貴江役をとよた真帆が演じています。とよた真帆が韓国人という噂がありますが、実家も両親の国籍も日本ということで、限りなくデマでしょうね!ちょっと韓流っぽいと噂を流されるのは芸能人の凄いところですよね!なにはともあれ、とよた真帆にはこれからもドラマや映画で活躍してほしいですね!

Sponsored Link