ドラマ【トドメの接吻】の布袋道成役で宮沢氷魚が出演します。少しずつドラマの出演が増えていますね!

そんな宮沢氷魚ですが、目の色がとても綺麗ですよね!なんでもカラコンなのではないかという噂がありますが、本当なんでしょうか。ナチュラルっぽいんですがね・・・。

今回は、そんな宮沢氷魚について記載していきます。

Sponsored Link

【トドメの接吻】布袋道成役は宮沢氷魚!

日本テレビ系日曜10時からのドラマ【トドメの接吻】で布袋道成役は宮沢氷魚に決まりました!

宮沢氷魚が演じる布袋道成は、主人公の堂島旺太郎(山崎賢人)がターゲットにするセレブ令嬢・並木美尊(新木優子)に恋心を寄せる長谷部寛之(佐野勇斗)が所属する並木乗馬倶楽部の一員でセレブ4人衆と呼ばれる役どころです。

なんかどこかで見たことがあるような設定ですが・・・(笑)

【トドメの接吻】はラブサスペンスとSFがミックスされたようなオリジナルドラマで、宮沢氷魚が演じる布袋道成やセレブ4人衆は主人公の堂島旺太郎に掻き回されるみたいで、どのような演技になるのか楽しみですね!

1月7日スタートの日本テレビ系日曜10時からのドラマ【トドメの接吻】で布袋道成役をどのように宮沢氷魚が演じるのか注目です。

宮沢氷魚の目の色が綺麗と話題に!

宮沢氷魚の目の色が綺麗と話題になっていますね!

宮沢氷魚の目の色は光の加減によって薄茶色やブルーグリーンのように見えて確かに綺麗です。

宮沢氷魚は日本人の父親と日本人とアメリカ人のハーフの母親から生まれたのでクオーターということになります。宮沢氷魚の髪の色も薄茶色ですが幼少期には金髪のような色だったそうですよ。

宮沢氷魚の父親は元THE BOOMのボーカルの宮沢和史、母親は元タレントの光岡ディオンなのですが、宮沢氷魚の父親の目の色も薄茶色の印象が強いです。

逆に宮沢氷魚の母親はハーフですが黒に近い茶色の目の印象です。

宮沢氷魚の目の色はハーフの母親からの遺伝というよりは父親からの遺伝のようです。目だけじゃなく宮沢氷魚の容姿も父親に似ていますよね。

それにしても宮沢氷魚の目の色が綺麗と話題になるのも分かりますね。

Sponsored Link

宮沢氷魚の目の色はカラコン?

宮沢氷魚の目の色はカラコンなのでしょうか?

目の色が綺麗と話題の宮沢氷魚ですがカラコンを着用しているのか調べてみました。

ネットで宮沢氷魚を調べてみると宮沢氷魚が出演したドラマ「コウノドリ」で演じていた新人研修医の話題とともに目の色についてのコメントも多く見つけられました。

宮沢氷魚の目の色があまりにも綺麗なので宮沢氷魚はカラコンという情報も多かったのですね。

宮沢氷魚がクオーターであることや宮沢氷魚の目の色が光の加減でさまざまな色に見えることを考えると、カラコンの色の効果だけではこんなに目の色が複雑に変化しないのではないかと思われます。

宮沢氷魚はあまりにも目の色が綺麗すぎてカラコン疑惑(?笑)がかけられたのでしょう。

宮沢氷魚の目の色はカラコンではなく、両親から受け継がれている遺伝によるものだと思います!

今回は、宮沢氷魚について記載しました。

ドラマ【トドメの接吻】で布袋道成役を宮沢氷魚が演じます。宮沢氷魚がどのようなお金持ちキャラになるのか注目ですね!目が綺麗な宮沢氷魚なので、印象的なお金持ちキャラになるかもしれませんね!これからもどんどんドラマや映画で宮沢氷魚には活躍してほしいですね!

Sponsored Link

【トドメの接吻】の出演者についてこんな記事も書いています。

山本亜依の父親が逮捕されてた?彼氏は井浦新なの?演技力が話題に!

【トドメの接吻】青田真凛役の唐田えりかの年齢や本名と国籍は?画像

【トドメの接吻】長谷部寛之役の佐野勇斗の年齢や身長と学歴や経歴!