市川染五郎が10代目松本幸四郎に襲名されるわけですが、歌舞伎の世界は本当に伝統ですね(笑)呼び名が変わるのは、一般人からすると不思議でしょうがないですね(笑)

そんな市川染五郎ですが、嫁・園子の実家が豪邸でお金持ちという噂があります。ということは、華麗なる一族である可能性が高いですね!そんな市川染五郎の嫁・園子の父親の仕事は何をしているのでしょうか。

今回はそんな市川染五郎について記載していきます。

Sponsored Link

市川染五郎と嫁・園子の馴れ初めは?

市川染五郎と嫁・園子の馴れ初めはというと、もともと2人は高校時代の同級生でした。

その頃は、まだお互い恋愛感情はなかったそうです。しかしその当時とは一変して、園子がアメリカに留学していた、1995年~1999年にメール交換をしながら、お互いに恋愛を意識するようになりました。

女遊びが激しいと噂される市川染五郎が遠距離で愛を育めるとは、予想外ですね()園子は資産家の娘でありお金持ちという部分で、ひょっとしたら市川染五郎からしたら離したくない存在だったのではないでしょうか()

でも市川染五郎も私たちと比べるとお金持ちの部類には入ると思うので、やはりお金持ちは、お金持ち同士で気が合うのかもしれないですね。そう思うと美男美女でもあるのでお似合いな2人です。

そんな2人は8年間の交際期間を経て2003年に結婚へとゴールインしました。

市川染五郎の嫁・園子の実家は豪邸でお金持ち?

さてそんな市川染五郎の嫁・園子の実家はというと、先ほどもチラッと出しましたが、大資産家で超がつくほどのお金持ちなんでしょうか。園子の実家が豪邸なのかというはっきりとした情報はありません。

しかし視点を変えて、園子の経歴を辿れば一目瞭然で、豪邸での暮らしが想像できます。

園子は、美智子皇后陛下や緒形貞子氏など日本が誇る女性を輩出してきた、日本一のお嬢様学校とも言われる聖心大学に進学。大学卒業後は、就職はせずにアメリカのコロンビア大学に留学。日本一のお嬢様学校に進学した後に、留学コースを選択できるのは、まさにお金持ちでしか叶えないコースですよね。

まさに令嬢そのものではないでしょうか。

園子の実家が豪邸なのかは、はっきりとした情報がないものの、園子の経歴を辿ると豪邸であることはなんとなく想像ができますね。

Sponsored Link

市川染五郎の嫁・園子の父親の仕事は何?

ここまできたら、やはり市川染五郎の嫁・園子の父親の仕事はなんなのか、気になるところですよね。

園子の父親の事業は、高級外車のディーラー・不動産業・レストラン経営と事業展開をしていて、資産家の中でもトップ中のトップというぐらいの領域です。

大資産家とはいえ、一般人ということもあり、あまり詳しくはメディアに出回っていないようです。推測の話にはなりますが、特に不動産業は利益が出やすい業界とも言われているので、ビルをでれだけ持っているかにもよりますが、かなりの高収入の可能性が高いです。

要は、園子の父親は、大資産家のやり手経営者で且つ成功者で大金持ちということですね。

今回は、市川染五郎について記載しました。市川染五郎の嫁・園子も凄い人だったんですね!まさに実家が豪邸なのかは、はっきりしませんでしたが父親の仕事や職業を考えると間違いなくお金持ちであることはわかります。これからも2人で幸せな家族でいてほしいですね!

Sponsored Link